信州、乗鞍高原温泉郷にある宿『ペンションカムス』            
        大自然に包まれて、ゆっくりと心と体を癒して下さい             

024.jpg
乗鞍岳から御来光を

乗鞍高原の四季

P1310536.jpg春、ゴールデンウィーク前後にバスが出ます。バックカントリースキー(山頂まで歩き大パノラマを眺めながら滑るスキー)や、観光で『雪の回廊』を歩いたり『雪の壁』をみたりする事ができます。
シーズンの雪にもよりますが、平均して16m程の雪の壁となります。位が原山荘で、雪を見ながらコーヒーも良いです。お弁当を持ち寄り、雪の壁を見ながらランチも最高です。山頂付近は寒いので、(日により)防寒具をお持ち下さい。
乗鞍高原では、新緑が楽しめ、白い『すももの花』も満開になります。山菜も美味しい。

P9200047.JPG

夏の乗鞍岳
o夏の乗鞍高原は涼しく過ごしやすい。乗鞍岳山頂(3026m)は、日本でも有数に簡単に3000m級の山に登れる所です。乗鞍高原観光センターからバス(一時間毎に出ます)に乗り畳平まで(約一時間)行き、そこから山頂まで一時間で行く事ができます。天候のいい日には、北アルプス、槍ヶ岳等が一望。畳平裏のお花畑には高山植物も咲き、木道を歩いてまわれます。
乗鞍高原には、三本滝、善五郎滝、大滝の三つの滝があり、比較的簡単に行けます。一の瀬園地では、バーベキューも出来、ゆっくり時間を過ごせます。温泉やサイクリングも楽しみの一つとなります。

PA060121.JPG秋、乗鞍岳山頂付近の紅葉は圧巻です。
9月後半から10月初頃が山頂付近紅葉のピーク。ナナカマドの燃える様な赤色と、ハイマツの深い緑色とのコントラストが見るものに感動と驚きを与えてくれます。ダケカンバの黄色もアクセントとなり、更に色彩に!!徐々に下におりて来る紅葉、乗鞍高原でも(年による)10月後半まで楽しめます。一の瀬園地の『まいめの池』は良い写真スポットみたいです。11月には唐松の紅葉が始まり、一面黄色に染まる。それらを上から見ると黄金の絨毯にも見えます。
その他,9月中頃に『鷹渡り』もあり、きのこも美味しい。

P2220042.JPG
冬は、やはりスキー、スノーボード!!
スノーシューも流行で、凍った滝『氷爆見学』も美しい。

ページトップへ

Unknown-1.jpeg
上高地

乗鞍高原から上高地(マイカー規制)、白骨温泉も近い。

乗鞍高原から沢渡まで(車で約15分)行き、バスか,タクシーに乗り換え上高地まで(約40分)。
乗鞍高原を観光の拠点に最適。足を伸ばせば新穂高ロープウェイ、飛騨高山の古い町並み、安曇野、松本城も行く事が出来ます。